McDryの防湿管理でリフロー時のICパッケージ、LED等のマイクロクラックをゼロにします。

McDRYとは

日本メーカー、エクアールシー(株)が製作しているICパッケージ専用のドライボックスです。1990年から実装業界に販売が開始され、全世界の大手電機メーカーや自動車産業他、約2,000社に約11,000台納入され、20数年間にわたり、ご利用頂いている商品です。

IPC / JEDECによるドライボックス管理について

ICパッケージの管理基準 IPC/JEDEC J-STD-033C(米国共同電子機器技術委員会)

IPC/JEDEC J-STD-033Cによると、防湿包装を開封したICパッケージが大気中の水分を吸着しないよう、湿度5%以下又は10%以下のドライボックス(低湿保管庫)で管理するように定められています。しかし、ICパッケージの実装現場ではデバイスの出し入れのため、扉の開閉頻度も多くなり、その都度外気が侵入し庫内の温度が上層してしまいます。これを防止し、常時庫内を湿度5%以下又は10%RHに保つためにはより超低湿度(1%RH)のドライボックスが必要になります。
湿度5%RH以下のドライボックスでICパッケージを管理すれば、フロワーライフは無期限です。

IPC / JEDECによるICパッケージの管理について

ICパッケージのMSL(Moisture Sensitive Level)とフロアーライフ

IPC/JEDEC J-STD-033C(米国共同電子機器技術委員会)により、防湿包装開封後のICパッケージのフロアーライフは、MSLごとに区分されています。防湿包装から取り出したICパッケージや、LEDのマイクロクラックを防ぐため超低湿度ドライボックスに収納し、フロアーライフをストップさせてください。

安心、安全の超低湿McDRYの性能

 

詳細はメーカーウェブサイト:エクアールシー株式会社