2010年 7月 インライン型ポイントソルダー ソルダーキッズの製造・販売を開始
2009年 10月 業務効率化の為、福岡営業所と岡山営業所を統合し、西日本営業所とする。
2009年 1月 噴流ノズル移動式局所はんだ付装置 フリーポイントソルダー FPS-Mの製造・販売を開始
2008年 9月 LVOCフラックス対応のスプレーフラクサーを開発・販売開始
2008年 7月 低銀ハンダ(Sn-0.3Ag-0.7Cu)対応ノズルを開発・販売開始
2005年 9月 中国広東省に販売・サービス拠点として"TAS・S中国事務所"を開設。
2004年 7月 環境への取り組み活動の一環として環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得。
2004年 6月 鉛フリー対応ポイントはんだ付装置(ロングリード基板対応)PDシリーズの販売を開始。
2003年 12月 本社・大阪営業所を吹田市江坂町に移転。
1999年 6月 鉛フリーはんだに対応した鉛フリー対応自動はんだ付装置の販売を開始。
1999年 2月 環境問題に関わる企業として、中小企業創造活動促進法の認定企業となる。(大阪府指令工第762-8号)
1997年 9月 環境問題に考慮した、鉛フリーはんだ対応の自動はんだ付装置の開発に着手。
1997年 5月 マレーシア国内の販売力強化のためクアラルンプールに100%子会社"テック アサヒ システム マレーシア"(TAS・M)を設立。
1996年 11月 フィリピンにての材料の生産販売および機器製作所 製品拡販のため販売会社を合弁にて "フィリピン アサヒ マテリアル コーポレーション"
(PAM)を設立。営業開始。
1995年 5月 東南アジア地区販売力強化のため、シンガポールに100%子会社の"テック アサヒ システム シンガポール"(TAS・S)を設立。
1992年 7月 九州地区の販売力強化のため、福岡市南区に福岡営業所を開設。
1992年 4月 オゾン層破壊問題にいち早く対応し、スプレーフラクサー装置を開発、販売を開始。
1990年 7月 中国地区、販売力強化のため、岡山営業所を開設。
1988年 7月 機器製作所を岡山県赤磐市に移転。
1982年 10月 生産・販売一本化による事業効率の向上をめざして、本社・ショールーム・機器製作所を大阪府吹田市に移転統合。
1981年 1月 自動はんだ付装置・はんだ付け周辺機器の自社開発・自社生産をめざして、兵庫県尼崎市に機器製作所を開設
1979年 2月 中部地区での販売力強化のため、名古屋営業所を開設。
1977年 10月 自動はんだ付装置とその周辺機器の販売開始。
1972年 12月 大阪市天王寺区に「大阪アサヒ化学株式会社」を創立。